目指すは年齢を感じさせない人

このエントリーをはてなブックマークに追加

頬のたるみ

年齢とともに、引き下がってくる場所の一つに、頬があります。頬がたるむと老けた印象になるほか、顔全体のイメージをたるんで見せることがあります。たるみは、マッサージを行うことでも改善させることが可能です。しかし、たるみがひどい場合や、根本的な改善を求めるという場合は、美容外科で根本的な治療を行うという方法もあります。美容外科や美容皮膚科では、リフトアップという技術を使うことがあります。リフトアップは、糸で皮膚を釣り上げてたるみを取るという方法です。たるみを取る手法としては、現在最も利用されている手法で、はっきりとした吊り上げ効果があります。傷跡は殆ど目立たず、安い費用で行うことができるので、多くの人が施術を受けています。

顔のアンチエイジング方法で、最近注目されているものが、フェイスアップという方法です。リフトアップという技術では、施術できる部位がある程度限定されているのに対し、フェイスアップはどこでも自由に吊り上げを行うことができます。また、特徴として糸ではなく溶ける繊維を利用しているということがあります。切開の必要がなく顔全体に施術を行うことができます。立体的なデザインにしていくことが可能です。また、たるみの原因のひとつに、顔周りに脂肪がつくということがあります。頬や顎下に脂肪がつくことにより、たるみがでてくるということがあり、このような場合は脂肪吸引を行うことが効果的なこともあります。顔の余分な脂肪をなくしてしまうことにより、顔の印象をスッキリとさせることができます。顔の印象がスッキリとすることにより、相乗効果でより若々しく見えることができます。脂肪吸引は切開してそこから脂肪を吸引していく方法と、注射や機械によって脂肪を溶かしていくものがあります。どの施術が効果的かは人によって異なるので、医師と相談の上施術を行うことが大切です。中には美肌効果の高い方法もあるので、顔の印象を一気に変えていくことができます。